今回ご紹介いたします事例は宇都宮市中学校サッカー部様です。「大会があるので試合会場までの送迎をお願いしたい」との事でした。当社の営業担当がお伺いして打ち合わせをいたします。
サッカー部
学校の部活動やスポーツクラブでの移動も貸切バスがおすすめです。公共機関で発生し得るトラブルも心配なく、プロのドライバーが安全を保証しているため、大切なお子様を送り出す保護者様にとってもメリットがあります。貸切バスは費用的にもリーズナブルのため、保護者同伴も可能となります。保護者同士のトラブル防止にもなります。今回は運行計画を作成し、中型バスでの送迎になりました。

中型バスは28名~40名まで大型バスほど大きくありませんが貫通トランクを備えているのでスーツケース10個分くらいの荷物は入ります。また大型バスも中型バスも、遠足などで使われる観光バスなので、座り心地も良いです。
貸切バス荷室
他県への遠征や合宿などバス移動が長い場合は、快適性を考えて、大型、中型バスの利用をおすすめします。

出発当日、早朝でしたがサッカー部全員遅れることなく集合しました。いよいよ乗車です。一人ひとり元気に「おはようございます!」と挨拶をしてバスに乗り込みます。
貸切バス室内
ドライバーは「安全運転」で目的地に向かいます。今回のドライバーは 経験豊富な40代、最近はお腹もちょっぴり気になりだしましたが、包容力のあるスポーツマンが担当です。ドライバー自身も学生時代サッカーをやっていたので「俺も昔バスで遠征とか行ったよなぁ」と思っていたそうです。
サッカーゴールネット
当日は運行計画通りに無事終了です。子供たちのサッカーも見事勝利!「オレンジバスが勝利の女神」かもしれませんね!子供たちの底知れぬパワーを少し分けてもらったそんな1日でした。

ところで部活で貸切バスを使う場合、顧問の先生が同伴できないこともあります。貸切バスは生徒たちだけで乗ることは可能なのでしょうか?答えは可能です。ただし、貸切バスを利用する際思わぬ事故や生徒の具合が悪くなったりなど緊急事態が発生することもありますので、いざという時のために、大人が一人は乗車するようにしましょう。どうしてもの場合は緊急時には責任者にすぐに連絡がとれるように徹底しておくことが重要です。
貸切バスフロント
バス事業者の使命は「輸送の安全の確保」でございます。お客様の命をお預かりする仕事を行うものとして、安全の確保は最優先事項であり、常に追求し続けていかねばなりません。
株式会社キャリー交通では「お客様の心からの安心」に向けて持続的に安全レベルの向上を追求して参ります。