キャリー交通では新型コロナウイルス感染防止策として、全車両に炭酸次亜塩素酸水を装備し、お客様のバスご利用前に車内に散布・除菌しております。

お客様が触れる手すりなども除菌消毒を行っております。また、走行中については車内に外気を導入し、停車中はドアを開放して空気の入れ替えを行っております。

運転手については、マスク着用、手指の洗浄とアルコール除菌、うがいも積極的に行い、お客様に安心してご利用いただけますよう、感染防止に取り組んでおります。

ご利用になられるお客様におかれましては、是非とも車内でのマスクの着用、手指のアルコール除菌してからのご乗車を宜しくお願いします。

・・・また下記の症状があり感染の可能性がある場合は、バスへのご乗車をお断りさせていただく場合があります事、ご理解の程宜しくお願いします。

・ 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く場合(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

・ 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合

※高齢者をはじめ、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など))がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方:

・ 風邪の症状や37.5度以上の発熱が2日程度続く場合

・ 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合