緊急事態宣言の解除後も、感染の拡大が続く新型コロナウイルス。 感染防止のためには「密」を避けることが求められる中、お客様が利用される観光バス、スクールバス、通勤バスなどを運行する当社でもさまざまな対策をしています。バス車内の感染防止策はどんなものがあるでしょうか。今回は「車内の換気」について見てみましょう。

バス業界のガイドライン
バス業界の業界団体である日本バス協会も「バスにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」を公表しています。
・乗務員は、運行中マスクの着用を徹底する。
・エアコンによる外気導入や窓開け等の車内換気を行うとともに、車内換気を
行っていることを表示する等により、乗客が安心して利用することができるように配慮する。
・乗客の降車後に、窓を開け換気する等の車内換気に努める
・利用状況を踏まえ、バス車内の一部の座席を使用を禁止することや
乗客と乗務員が安心できる車内環境を確保するように努めるなどの数項目を挙げています。バスの車内の空気は何分で入れ替わる?新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐうえで重要とされるのが「換気」です。車内の空気がどの程度で入れ替わるのか気になるところですが、バス車内の換気能力は一般に思われている以上に高いようです。
貸切バス換気
国土交通省が自動車メーカーの協力を得てまとめたデーターによると、観光バスタイプの車両では、窓を閉めた状態で空調装置を外気導入モードで使用すれば約5分で換気されます。窓を開ければさらに換気能力は高まると考えられます。貸切バスは「換気」が優れた乗り物です。感染予防対策も万全なキャリー交通のバスで出かけましょう。
貸切バス換気
バス事業者の使命は「輸送の安全の確保」でございます。お客様の命をお預かりする仕事を行うものとして、安全の確保は最優先事項であり、常に追求し続けていかねばなりません。株式会社キャリー交通では「お客様の心からの安心」に向けて持続的に安全レベルの向上を追求して参ります。