貸切バス安全への取り組み私たちの会社では「輸送の安全の確保」を使命とし、最優先課題として全力で取り組み続けております。また「安全=客観的に見てリスクの少ない状態」と定義し、貸切バス安全性評価認定を受ける等、お客様目線で私たちの安全への取り組みが、評価されるよう取り組んでおります。

安全運転教育

どのようなバスであろうとも、ハンドルを握るのは1人のドライバーです。なのでドライバーの教育は最重要課題として捉えております。具体的には月に1回〜2回、安全運転教育を社内で行っております。

法律で定められた安全運転教育は事故発生時の緊急対応ロールプレイングや、ドライブレコーダーのデータを元にした危険予知トレーニング、社内のチームワークを高めるための研修や、運行管理者対象の管理者研修、仕事に対しての価値観を整えるための研修、心理学の研修など様々な教育に取り組んでおります。

運転手一人ひとりに対しては、適性診断(自動車事故対策センター)を行った後の個人指導をこなったり、デジタルタコグラフの走行データを元にした指導を行ったり、交流分析(TA)によるエゴグラム(性格診断)を元にアドバイスしたり、新人ドライバーが先輩ドライバーの添乗指導などを行っております。

また実際に車両に乗って首都高研修を行ったり、いろは坂研修を行ったりするなどして、より多くのお客様に対応できる体制を整えております。

可能な限り新しい車両を導入

新しいバスのメリットは綺麗なだけではありません。年々基準が高まってゆく安全基準に合致した車両となるので、事故へのリスクが少なくなります。

安定した走行を保持するVSC(車両安定制御システム)やEBS(電子制御ブレーキシステム)、歩行者や危険物を回避するPCS(歩行者検知機能付衝突回避支援)、ドライバーに以上が発生した場合に機能するEDDS(ドライバー異常時対応システム)など最新の車両は古い車両には存在しない安全機能が多く搭載されております。

キャリー交通では、毎年1台以上の新型車両を導入。可能な限り新しく安全なバスをお客様にご提供するよう心がけております。

健康管理

近年では健康に起因する事故が少なくありません。キャリー交通では年に1度の健康診断に加え、疲労蓄積度の検査や、SAS(睡眠時無呼吸症候群)の判定等を行っております。

また肥満、高血圧、糖尿病などの生活習慣病を予防、改善するための食生活の指導などにも定期的に取り組んでおります。大切なのは具合が悪くなってからの対応、具合が悪い人の発見よりも、具合が悪くならないような取り組みであると考えております。

万が一ドライバーに重度の病が発生した場合は、直ちに運転業務を停止させます。回復したと報告を受けたのちに、安全統括管理者がドライバーに付き添い、担当医の元へ行きバスの仕事をさせて問題はないか、詳細まで入念に確認してからの復職となります。

点呼業務

バスを乗務する前、そしてバスを乗務した後の点呼業務は大変重要な安全への取り組みの1つとなります。

始業点呼時は、バスの日常点検結果の報告を受けたのちに、現在の健康状態、前日の睡眠状態や睡眠時間の確認、高精度アルコール検知器によるアルコールチェックの他、ドライバーの顔色や声の雰囲気、身だしなみなどチェックを行い、その日1日安全運転をすることが可能か判断してから乗務指示を行います。

終業点呼時も、日常点検の結果の報告、その他運行上の以上の有無の報告を受けたのち、高精度アルコール検知器によるアルコールチェックの他、始業時と同じようにドライバーの顔色や声の雰囲気、身だしなみなどチェックを行い、明日も1日安全運転をすることが可能か判断してから終業します。

運行管理者会議(運輸安全マネジメントへの取り組み)

毎月1回、全営業所の運行管理者が集まり会議を開催しています。1ヶ月間の安全確保に向けての運行管理上の取り組みの結果報告を行い、良かった点とその要因、反省点とその原因を明確にしてから改善点を厳密に打ち出し、次月へ取り組みます。

また運行管理上の問題点、課題点については、きちんと協議を行い素早く解決することを目指しております。またこれらの会議の資料、議事録については正しく整理、管理を行い、透明性高くいつでも確認できる状態を整えております。またこの会議はキャリー交通の安全への取り組みの要であるが故に客観的な評価が必要であると考え、ISO39001(道路交通安全)認証取得も視野に入れております。